本文へジャンプ
校長室から

 【学校の教育目標】

 
 〜心豊かに、進んで学び、たくましく
  生き抜く子どもの育成〜
 確かな人権感覚を身につけた子どもの育成 
〜学力を保障しつながりを育む実践を通して
平成28年度から久留米市第3期教育改革プラン
がスタートしました

 【第4期改革プランの実現をめざす経営の重点】

重点1:わかる授業
 1 『とことん』:確かな学力 キーワード「聞く・話す」

重点2:たのしい学校
 2 『かかわり』:豊かな心  キーワード「自立・思いやり」
 3 『いきいき』健やかな体 キーワード「敏しょう性・筋力」

重点3:久留米版コミュニティースクールの推進
     (学校・家庭・地域の協議)

 4 教職員の協働的・組織的な学校運営体制づくり
 5 家庭の教育力向上とPTA・地域との連携強化



≪具体的な取り組み≫
◎「とことん」:確かな学力
 
○学びの基礎・基本の徹底と定着及び家庭学習の習慣形成
 ○シェアを重点化したユニバーサルデザインの授業づくり
 ○「とことんテスト(漢字・計算)」の年間5回の実施
 ○聞き方・話し方を含めた授業規律の徹底


◎「かかわり」:豊かな心
 
○人権カリキュラム「水分プラン」の着実な実践と道徳科に
  おける学習展開の工夫改善による人権感覚の醸成
 ○縦割り班活動(遊び・読書・集会などやGTを招聘する教育
  活動の推進
 ○幼保小中連携や焼酎連携教育を推進し学校適応力の向上


◎「いきいき」:健やかな体
 
○準備運動への登り棒・雲梯・長縄の位置づけによる体力
  向上
 〇外遊びの推奨とすっきりタイムの実施
 ○学級の係や委員会活動、そうじ等、自分の役割を責任を
  もって果たす指導の徹底


◎教職員の協働的・組織的な学校運営体制の整備・充実
 
○3つの育成部を中心とした協働的な校務運営体制の
  機能化と人材育成
 〇P(計画)・D(実践)・C(評価・)A(改善)サイクルに
  よる実践・評価・改善


◎家庭の教育力向上とPTA・地域との連携強化
 
○学級委員会と連携した「早寝・早起き・朝ごはん・ノーテレビ
  うち読」「家庭学習がんばり週間」等の活動の推進
 〇学校・家庭・地域をつなぐ学校行事や特色ある教育活動
  (文化祭・ふれあいフェスタ、認知症サポーター学習(2年毎)
  森林環境学習等)の実施
 〇校区まちづくり振興会の支援による体験学習(生活科
  総合的な学習)の充実や地域行事(夏祭り校区ウォーキング
  等)への参加奨励

 
平成31年度学校だより 
 4月号  5月号
 6月号   7月号
 9月号@
 9月号A    10月号 
 11月号  12月号 
 1月号   2月号
 3月号   3月号A 
平成30年度学校だより  
4月号 5月号
6月号 7月号
9月号 10月号
11月号 12月号
1月号 2月号
3月号
 



  Copyright(C) 2010 水分小学校 All right reserved